Unwired Logic Technology Solutions

トランクルーム運用のための4つのメールマーケティング必勝法

メールマーケティングは、今最も効果的なオンラインマーケティングツールの1つです。どうすればトランクルーム運用に効果的なメールキャンペーンを構築できるのでしょうか?

Facebookや YouTube、インスタグラムが人気を博していますが、決してメールマーケティングが廃れてしまったわけではありません。むしろ、今でも活用できる最も効果的なオンラインマーケティングの1つです。では、どのようにしてトランクルームyの運用に効果的なメールキャンペーンの構築することができるでしょうか?

メーリングリストを作成する

もし、まだメーリングリストがないのであれば、作成するところから始めましょう。メールアドレスを購入したり、顧客を招待してメーリングリストに登録してもらうなどの方法があります。これらの方法には、それぞれメリットとデメリットがあります。

メールアドレスを購入すれば、すぐにでも比較的大きいリストを構築することができます。しかし、このようなメールアドレスは適切に審査されていない可能性があります。また、リストを作成した人によっては、適切なターゲットや市場ではないリストである可能性もあるため、法的な問題にさらされる危険性もあります。EUのGDPR(一般データ保護規則)や他の地域のプライバシー保護法などが施行されて依頼、顧客からの事前の同意なしにメールを送信すると、罰金や訴訟問題に発展してしまいます。

ゆっくりでも、ユーザーを自社ウェブサイトに誘導して連絡先情報を入力してもらって、代わりに何か価値ある情報を提供するメーリングリストに登録させる方法の方が、リストを構築するには適切といえるでしょう。

メールマーケティングの目標を明確にする

一般的に、メールキャンペーンは以下のいずれかの目標を掲げています。

  • 見込み客の自社認知度を高める
  • リードを集めてメーリングリストを増やす
  • リードを売上につなげる
  • 新規や既存顧客の売上を増加させる(プロモーション、取引、コンテストなど)

メールキャンペーンには、それぞれ異なる目標を立てましょう。目標がメーリングリストの登録者数を増やすことなのであれば、同じメールキャンペーンで新しいサービスを売り込もうとするのはやめましょう。また、メーリングリストに登録するためのキャンペーンに参加した人たちが、必ずしも売り上げに繋がるメールキャンペーンを受信した人たちと同じとは限りません。

メールをパーソナライズする

あなたのマーケティングキャンペーンはトランクルームを利用したことがない人をターゲットにしていますか?それとも競合他社の顧客をターゲットにして、より競争力のあるオファーで顧客を引き付けようとしていますか?メールキャンペーンをセグメント化することで、より良いメールマーケティングの結果を得ることができます。 セグメンテーションとは、特定の特性(例えば、場所、セルフストレージへの親しみやすさ、競合他社の顧客、給与など)に応じてメール受信者を分けることです。

Constant ContactMailChimp といったメールキャンペーンプラットフォームでは、セグメント化することで電子メールをパーソナライズすることができます。統計によると、パーソナライズされたメール(受信者の名前を表記したもの)は、一般的なメール(「お客様」や 「皆様」のような表記)よりも効果的であることが示されています。メール受信者の名前を取得しておくと、メールの件名やメッセージの中に名前を入れてメールを送信することができます。キャンペーンをパーソナライズすると、受信者はメールを開く可能性が25~40%高くなるといわれています。

とにかくデータを測定する

すべてのメールキャンペーンツールには、メールキャンペーンが成功しているのかどうかを判断するのに役立つ統計情報にアクセスできる機能があります。最も重要な統計は以下のとおりです。

  • 開封率(OR):メールを開いた受信者の割合。一般的に、件名が開封率を左右します。魅力的な件名であればあるほど、開封率は高くなります。
  • クリックスルー率(CTR):メールを開いてリンクをクリックした受信者の割合。これは、メールの件名と内容が行動を起こすのに十分な説得力を持っていると感じた受信者の数を表しています。メーリングリストを構築したり、売上を上げるために魅力的なオファーを提供しましょう。
  • コンバージョン率(CRまたはCVR): メールを読んだ後にトランクルームを予約することを決めた受信者の割合。

最高の結果を得るためには、複数のメールキャンペーンを試し、A/Bテストを行いましょう。A/Bテストとは、あるメールキャンペーンが他のメールキャンペーンとどのように比較されているかを測定する方法です。例えば、同じ内容のメールが2通あっても、件名が違うとします。リストメンバー全員にメッセージを送信する前に、そのリストの一部を選択し、2つのメールを送信して、どちらのメールが最も良い結果を生むかを確認するのです。

リストを作成し、目標を明確にし、メールをパーソナライズし、常に結果を測定しましょう。この4つがトランクルーム運営のための強固なメールマーケティングの基礎を築くカギになるでしょう。