Unwired Logic株式会社

企業の人事システムを見直す必要がある5つのサイン 

企業の人事システムを見直す必要がある5つのサイン
企業の人事システムを見直す必要がある5つのサイン 

 

 

現代のビジネス環境では、VUCA時代ともいいますが、未来の予測が難しくなっています。この、VUCAとは、Volatility(変動性)・Uncertainty(不確実性)・Complexity(複雑性)・Ambiguity(曖昧性)は、時代の特性を表しています。

では、このVUCA時代において、企業が競争力を維持するためには、常に人事システムや従業員体験(EX)を改善することが重要です。以下は、企業の人事システムを見直す必要がある5つの兆候です。 このような兆候があったら要チェックです。

1 高い離職率

企業が高い離職率を抱えている場合、現行の人事システムに不満を持つ従業員がいる可能性があります。コミュニケーション不足、評価や報酬の不公平、あるいは毒気のある職場環境が離職率の増加につながることがあります。従業員体験(EX)を改善することで、より関与度の高く忠誠心のある労働力を作り上げ、長期的な従業員定着につなげることができます。 

2 従業員の士気低下

従業員が不幸せや無関心であるように見える場合、人事システムが彼らのニーズに応えていない可能性があります。システムを変えたい、と言っていた社員はいませんでしたか?彼らにきちんと応えましたか?

評価や報酬の不公平、コミュニケーション不足、あるいは成長と発展の機会が限られていることが原因となっているかもしれません。従業員体験(EX)を改善することで、士気を高め、より良い職場文化を創り出すことができます。 

トップクラスの人材の採用が困難

企業がトップクラスの人材を獲得することに苦戦している場合、人事システムを見直す必要があるかもしれません。現代の求職者は、給与以上のものを求めており、従業員の幸福や成長を優先する企業で働きたいと考えています。企業の規模は問わず、魅力的であればトップクラス人材は集まってきます。逆に大企業だからと言って人材が集まる時代ではなくなっています。従業員体験(EX)を改善することで、企業をトップクラスの人材にとって魅力的にすることができます。

4 高い欠勤率

従業員が頻繁に病欠や休暇を取っている場合、現行の人事システムに不満を持っている可能性があります。ワークライフバランスの欠如、毒性のある職場環境、または成長と開発の機会の制限など、様々な要因に起因する可能性があります。従業員体験(EX)を改善することにより、従業員が職場に来て最善を尽くすことを奨励するような、よりポジティブな職場文化を作り出すことができます。

5 パフォーマンスの低下

従業員が十分なパフォーマンスを発揮していない場合、それはHRシステムが彼らのニーズを満たしていない可能性があるサインです。これは、認知の不足、コミュニケーションの不良、または成長と開発の機会の制限など、様々な要因によるものです。従業員体験(EX)を改善することにより、よりエンゲージメントとモチベーションが高く、高いレベルでパフォーマンスする可能性のあるワークフォースを作り出すことができます。 

結論として、これらの5つのサインのいずれかが発生している場合、会社のHRシステムと従業員体験(EX)をよく調べる必要があるかもしれません。従業員に投資し、ポジティブな職場文化を作り出すことにより、優秀な人材を引き付け、維持し、士気を高め、全体的なビジネスパフォーマンスを向上させることができます。 

 

さあ、あなたの職場の従業員体験(EX)、HRシステムは改善の余地がありますか?

Unwired Logicがお手伝いします。 お気軽にご相談ください。