Unwired Logic株式会社

トランクルーム運営システム導入による業務効率化を達成

– 押入れ産業株式会社

国内におけるトランクルーム運営システムの活用状況 

近年ますます成長している国内のトランクルーム業界は、数年前と比較すると多くの新たな企業が参入し、店舗数・ユニット数ともに大きく増加している。 

これらの主な店舗形態は、ビル1棟や1フロアからなるビルインタイプ、倉庫内に収納用コンテナを設置あるいは収納品を預かる倉庫タイプ、遊休地に収納用コンテナを設置する屋外タイプなどだ。既存ビルのリノベーションや既存倉庫の利用、遊休地の有効活用などを通して、数多くの店舗がスピーディーに出店されている。 

一方で、オペレーターが使用するトランクルームの運営システムは、今なお、異業種での使用を目的とするシステムをカスタマイズして使用したり、自社開発によって構築したシステムを使用したりしている場合が多く、業界の変化に対応したシステムの導入は追いついていないのが現状だ。システムを運用するには多額の開発コスト・ランニングコストがかかり、また通常業務においてもシステムのサポートが手放せない点などは、大きな課題といえる。 

また、トランクルーム運営に特化していないシステムの場合、顧客情報の登録からユニット契約までの一連の業務プロセスにおいて、複数のシステムにまたがった業務フローが必要となることも少なくない。 

数年前からは、これまでの収納サービスにあわせて収納アイテムごとでの搬入・搬出サービスもサポートするバレーストレージ(宅配型)タイプのサービスも増加している。こちらも専用システムの普及が大きくは進んでおらず、同様の課題をもっているのが現状である。 

 

 

   

 

トランクルーム運営に特化したシステムの導入により業務を効率化した押入れ産業 

東京都・神奈川県など関東地方を中心に、全国でトランクルーム事業を展開している押入れ産業株式会社(以下、押入れ産業)は、トランクルーム運営に特化したクラウド型プラットフォーム『Storeganise(ストーガナイズ)』を導入し、情報の一元管理やフレキシブルでシンプルな業務プロセスの整備、システムにまつわるサポート費用のコストの削減などを実現した。 

同社も『Storeganise』導入以前は、業務プロセスの変更にともないシステムの仕様変更が必要になると、多額のカスタマイズ費用と多くの時間を費やして対応してきた。履歴データについても、過去の契約者情報や契約ユニットの情報などの保存データに課題があったため、これらの情報を利用したレポート作成や分析のためのデータ処理に多くの時間を費やさなければならなかった。 

このような問題は、将来的に店舗数拡大をはかっていくうえで大きな課題となると考え、トランクルーム運用に特化したシステムの入れ替えを検討し、『Storeganise』を導入することとなった。 

 

『Storeganise』導入の効果 

『Storeganise』導入によって、同社には多くの効果がもたらされている。大きく効果が表れたのは、毎月多くの時間を費やしていた決済処理時間が『Storeganise』の自動請求・決済機能により大幅に削減された点だ。また、ユニット予約の通知、毎月の請求額の通知など、これまでスタッフが電話連絡やレター発送などによって行っていた業務も、『Storeganise』に標準搭載されている自動メール送信機能を利用することで業務の自動化およびペーパーレス化を達成し、社員の業務時間削減およびコスト削減にもつながった。 

さらに、『Storeganise』にはお客様自身でログインするカスタマー用アプリがあるが、アプリのマイページにある決済方法登録機能をご利用いただくことにより、口座情報登録やクレジットカード情報登録へのスタッフの対応やペーパーワークが不要となった。マイページには過去の支払い履歴を閲覧できるページがあるため、支払い金額や支払い状況の確認に関するサポートセンターへの問い合わせも大幅に削減した。 

もうひとつ大きな効果を感じている点がある。今年は新型コロナウイルス対策あるいは緊急事態宣言にともないテレワークの導入を検討することとなったが、『Storeganise』はクラウド型プラットフォームのため、契約や決済処理などの通常業務を行う「場所」や「デバイス」を問わないことから、あらたな補完システムなどを検討することなく、スムーズにテレワークに移行できた。 

 

クレジットカード情報登録ページ例

  

今後の展望 

同社は『Storeganise』導入によって、より多くの業務をテクノロジー化した結果、業務プロセス改善とコスト削減という点において多くの導入効果がもたらされ、導入検討段階で期待していた想定以上の結果となった。今後はカスタマーサポートセンターなど、さらなる業務においてもテクノロジー導入を検討し、社内の運営プロセスの自動化を進めて事業拡大につなげていきたい考えだ。 

 

 

導入企業情報 

会社名 押入れ産業株式会社 
所在地 東京都港区新橋6-16-10 御成門BNビル9階 
設立 昭和62年11月1日 
公式サイト https://www.oshiire.co.jp/